EXCITE × EXCITE

CONCEPT

弊社のミッションは、

「e-sportsを通して、個人が本当は持っている今まで認められなかった才能・能力を引き出し、社会で活躍できる優秀な人財を輩出する」です。

勝つことが求められるe-Sportsにあっては、少々変わっていると感じられるかもしれません。

弊社のミッションは、「e-sportsを通して、個人が本当は持っている今まで認められなかった才能・能力を引き出し、社会で活躍できる優秀な人財を輩出する」です。

勝つことが求められるe-Sportsにあっては、少々変わっていると感じられるかもしれません。

このミッションの原点は、私の高校時代の部活動体験にあります。

当時、私が住んでいた地域にはバスケ強豪校が2校ありました。

一方は強い選手をスカウトして入学させ、もう一方にはバスケが大好きな生徒が自然に集まっていました。

私は当初、強い選手を集めている高校を志望していたのですが、バスケのレベルが足りず、もう一方へ進学しました。しかし、後から考えるとこれはとても幸運なことだったのです。

母校のバスケ部でまず指導されたのは、普段の生活態度や言葉遣いであり、礼儀や勝利への姿勢でした。監督の口癖は「バスケットボールは手段であって、人財教育が目的だ」。バスケの練習も厳しかったものの、自分が人間として大切にされていることを常に感じる環境でした。

私は、ルーズボールでベンチに突っ込んでいく姿勢から監督に目をかけてもらいました。最初のレベルは高くなかったものの、誰よりも努力し、どんどん上達し、試合に出られるようになりました。最終的には全国大会に出場できるレベルに到達し、私の人生はここで変わり始めました。

試合をすれば、強い選手を集めている学校の方が当然強いのですが、大きな声援を送られるのは私の母校のほうでした。どの部員も努力を重ね、礼儀正しく勝利を目指す熱いチームでしたから、そんな姿勢が観客にも伝わっていたのでしょう。

自分ががんばれたのも、応援席の人々の心を動かしたのも、試合結果だけでなく「あり方」や「プロセス」を大事にし、人間として成長させることを目的にしていた、母校の教育方針のおかげだと思います。そして、母校の環境で学んだことは今の人生にも活きています。

弊社は最初に掲げたミッションのとおり、e-Sportsチームから人財教育を目指したいと考えております。

人間としてどういうあり方が必要なのか考える、その上で結果を出すためにどんなプロセスを大事にするのか真剣に考えさせる、私の母校のような環境をe-Sportsの分野に作りたいと思っています。

現在主流となっているe-Sportsチームの運営手法は、強い選手を集めることでチームを作り、資金を集め、さらにその資金を新しい選手につぎ込むというものです。新しく選手を獲得すると、これまでの選手は外されます。プロ野球もプロサッカーも経営的には当然のことです。しかし、これでは、選手はいわば「駒」であり、彼らの人間としての魅力や成長は、チームの目指す先には結びついていきません。

このように言うと、プロの世界を舐めてる。甘ったれたことを言うな。と思う人は多いと思います。

もちろんプロの世界は甘くないですし、結果が全てだからこそ勝たないとファンもつきません。

しかし、だからこそ「人間性」と「勝利」を研究し続けることを忘れず、私の母校がしてくれた個人が本当は持っている今まで認められなかった才能・能力を引き出せるようなチームを本気で作りたいんです。

その「あり方」を持っていれば必ず結果はついてくると信じています。

他のプロスポーツと同様に、e-Sportsも若くして引退することの多い業種ですから、私は選手たちのセカンドキャリアまでを視野に入れて、社会性を育て、人間性を高めていくチームを作っていきます。もちろん絶対的に勝利にはこだわりますが、成長という点において誠実に、真剣に向き合っていきたいと考えています。

「それは夢物語だ」と多くの経営者にも言われましたが、これを貫くということはチームとしての魅力になると思いますし、選手の未来にとっても、e-Sports界にとっても、幸福な発展につながると確信しています。

強い選手を集めている学校に入れなくても、技術的にも人間的にも大きく成長できたように、e-sportsでも証明していきます。

弊社の指針に賛同してくださった教育機関、企業、Youtuberのヒカル氏などスポンサーの皆様のご支援に、この場を借りて心より感謝申し上げます。

また、これからは一般ファンや選手を目指す若い人たちにも広くチームのことを知っていただきたいと願っております。

選手たちが技術的にも人間的にも成長し、かつて母校バスケ部で受けたような熱い応援がエキサイトエキサイトにも寄せられたなら、これほどうれしいことはありません。

代表取締役 勝谷慶祐

MISSION

e-sportsを通して個人が本当は持っている今まで認められなかった才能・能力を引き出し、社会で活躍できる優秀な人財を輩出する

PHILOSOPHY

人・社会から応援されるという責任を成長へのエネルギーに変えて「人間性」と「勝利」への研究を止めず、未来のe-sportsチームの見本となる組織になる

OPERATING COMPANY

経営コンサルティング事業・社会人経営スクール事業・学生経営スクール事業
動画制作スクール事業・e-sports事業など様々なジャンルを柱に事業を展開をしています。

EXCITE×EXCITEでは、チームをご支援いただけるパートナー様を募集しております。